Switch

【ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド】目が疲れない美しい冒険

投稿日:

最近のゲームってギラギラしてて見にくい…
けどゼルダの伝説 ブレスオブワイルドは違う。
目の疲れない美しさがそこにはあります。



※もしかしてネタバレ要素が含まれているかもです。
 記事の閲覧にはちょっとだけ注意なさってください。

ギラギラしない自然の演出

tumblr_ofcditGC6R1s2z1y6o1_1280

世界からも高い評価をうけまくりんぐ。
大人気のニンテンドースイッチソフト
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ですが。
プレイして解る遊びやすさ…
見た目の「優しさ」も話題になっています。

映像をゴテっちゃいがちな最近のゲーム。
パッケージを手にとっただけで疲れちゃう…。
そんな経験ないです?(筆者はありまする)

未だに「これは実写ではありません」
なんて宣伝もされちゃうくらい
過度にゴテりを盛った映像が多いんだよね〜…。

08)

※画面はイメージ映像です。

はたして映像をギラッギラに盛る事だけが、
ゲームの進化と言えるんでしょうか?
ロールプレイングゲームなどにおける
空気感や冒険してる感って、
実写に近づけるだけしかないのでしょうか?

そこで今回はゼルダの美麗な風景をご紹介。

フォトリアルにはない美しさ

 47)

バランスのとれた淡い色使い。
目に優しいだけでなく、どこになにがあるかが伝わりやすい。

20)

重要な人物は背景に埋もれない。
表情もしっかり確認できる♪

22)

頭を使うパズル要素の高いミニダンジョンはスッキリ。
おかげで視覚的にも、ものすっごく解りやすい。

saihate

実写に近ければ近いほど、
キャラクターを「裸」にしちゃうのって勇気がいるけど…
トゥーンなフィルタもかかって開放的に♪
これも「ゲーム」だから成せることなのだ。

hinono

複雑になりがちなバトルも、
見やすさがしっかり考慮されてる。
アクションが苦手な人でもきっとだいじょうぶ!

…何度も死んじゃうけど。

15)

実は、感動するのは映像だけではない。

人物の描写もものすごく「自然」なの。
今作には個性的かつ人間味あふれるキャラクター達が
数多く登場するんだけど。
個性的といっても、ゲーマーが作ったゲームにありがちな…
マイナス要素もふくまれる個性ではなくて。

あまりゲームでは見られない、
フツーの人がもつ性(サガ)がしっかりと感じられる、
思わず笑ってしまうけど、共感できるキャラクターが
山盛りなのだ。この「自然」さは本当にすごい。

筆者はデスマウンテンのユン坊のキャラ描写にメロメロ…。
秀逸すぎる!

21)

まとめてみた。

ゲームはグラフィックがすべてではない。
映像を実写に近づける…
そういうゲームもあっていいけど
なくてもいいと思ったりする。

更にそういうゲームって、
内容もゲーマー向けに突出しがちだけど
それだとあまりゲームをやらない人には
そっぽ向かれちゃう。

ゼルダの伝説は映像、人物…
すみずみまで「自然」が考えられた、
空気感を生み出す事に成功したゲームです。
まだプレイされてない方は是非〜♪

※本記事ゲーム画像等の著作権はニンテンドーに帰属します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Switch
-

Copyright© ピーチェ , 2017 All Rights Reserved.