Switch ガールズ

【Owlboy】厳しい師弟関係にときめく

更新日:

先日24日に日本語対応したオウルボーイ。
9年越しの期間を経て完成した本作の重厚な
ストーリー をご紹介します。

00)

本作の主人公はフクロウのような半人半獣の生命体。名前はオータス。本来高貴な種族である彼は声を失っており、クラスメートからは孤立しがちでした。そんな中でもめげずに師匠のアシオのもと一族の為に修行をしていました。しかし悪い事は重なるもの。スカイパイレーツという賊に町は襲われてしまいます。やがて彼は町を取り戻すため、仲間ともにモンスターの待つ古代遺跡の秘密を解き明かす冒険の旅に出ることになるのですが、その師匠との絆の描かれ方がとても丁寧で魅力的なのです。
「失望したぞオータス、言葉にもならん……」
師匠、弟子を一刀両断。そりゃ師匠の前では緊張しちゃうもの。それに頑張っているのにあんまりな言われよう。言い返したくても言い返せないんだし! けれどオータス(プレイヤー)は知るのです。その厳しさが自分への愛情、ひいては世界への希望だということに……。ちょっとクサい紹介になってしまいましたが、それくらい細やかで丁寧な作り込みがこのゲームの最大の魅力かと思います。もちろんドットで描かれる緻密な世界も美しく、タイミングのよい効果音も物語の奥深さに大きな影響を与えています。
人間ではないのですが、ひとが描かれている。オウルボーイはそんなゲームです。

 
Owlboy(オウルボーイ)
国内リリースは2017年内で発表はこれからになります。
※現在プレイする場合は海外サイトで購入する必要があります。
追加情報をお待ち下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Switch, ガールズ
-,

Copyright© ピーチェ , 2017 All Rights Reserved.