フード&グッズ

極貧の村出身?!「ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる」を出版した野村達雄さん

投稿日:

ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる

『ポケモン GO』のゲームディレクター、野村達雄さんによる著作「ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる」が発売された。 

ポケモンといえば任天堂、と思いがちだが実際には開発には様々な会社がその制作にかかわっている。ことポケモンGOに関してはナイアンテック社の野村達雄さんが生みの親といっても過言ではない。

ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる

野村達雄さんは中国黒龍江省に生まれ、9歳の時に豊かさを求め日本に移住した。長野で苦学した後Google Japanに入社。そのGoogleのエイプリルフール企画『ポケモンチャレンジ』を手がけたことが『ポケモン GO』開発のきっかけとなったという。

黒竜江省

黒竜江省の位置。雪深い地域が多い。

本書は、そんな野村さんの『ポケモン GO』開発に至るまでの半生に迫る「自伝本」となっている。かざらない文体で書かれた本書はポケモンGOについてというより野村さんの半生が興味深く読めるもの。クリエイターを目指す人におすすめだ。

去年(2016/9)は『やりたいことはまだ1割』と言っていた野村さん。これからもどんなアイデアを実現するのか注目していきたい。

※画像はイメージです。またキャプチャや動画等は各社の著作物です

記者FUGASHI
元編集者。今は隠遁者。実家の古書屋で気ままなゲーム暮らし。ゲームハードは一通り所持。好きなジャンルは鬼のようにライトなものから吐き気がするマニアックなものまで広く浅い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-フード&グッズ
-

Copyright© ピーチェ , 2017 All Rights Reserved.