3DS

メトロイド オモロイド…サムスリターンズ動画が公開される

投稿日:

メトロイド サムスリターンズ

公式からメトロイド サムスリターンズの動画が公開されている。

動画では惑星SR388でのサムスのミッションについてや、サムスの能力、新アクションのメレーカウンター、エイオンアビリティについても紹介されている。また対応amiiboについての説明もある。終盤には旧作をリアルタイム体験した年代のファンには懐かしい『メトロイド オモロイド』の表現も見られた。

ニヤリというには正直『ヒネリも無く持って来てしまったか……。』自分がひねくれているだけかもしれないが、好きなゲームだけに期待が高めになってしまうのはお許しいただきたい。

さて、ついでといっては何だが、海外でも論議ありの『最高難易度のフュージョンモードはamiibo必須』について少しふれておきたい。メトロイド サムスリターンズでは、クリア後に高難易度モードが解放されるのだが、さらに難易度が高い『フュージョンモード』はメトロイドのamiiboが無いとプレイができないという。

メトロイド サムスリターンズ

メトロイドは『ゲームを進めるにつれ、アイテム入手やプレイヤースキルの上昇により移動範囲が広がる』という楽しさがある。雑な言い方をすると『俺、上手くなったからこんな事が出来る様になったぜ!』といった欲望を満たしてくれるゲームだ。これは後にメトロイドヴァニアといった用語が誕生したほどの概念で、多くのユーザーに支持された。ゲームシステムを支える根幹の一つでもある。(筆者の持論)

また、スーパーファミコン黎明期の傑作『スーパーメトロイド』は現在でもスピードランや検証が行われる程マニアがおり、アイテム、アクション、小ワザに至る、隅々まで味わい尽くすのが当然とされているタイトルでもある。

しかし今作の、amiiboのような『外部アイテムがなければ完全な要素が得られない』という作りには違和感を感じざるを得ない。『それほどのファンならamiiboも買って当然だろう』という向きもあるかもしれないが、人形に興味が無いゲーマーが一定数以上存在することもまた事実である。

動画を見る

※画像はイメージです。またキャプチャや動画等は各社の著作物です

記者FUGASHI
元編集者。今は隠遁者。実家の古書屋で気ままなゲーム暮らし。ゲームハードは一通り所持。好きなジャンルは鬼のようにライトなものから吐き気がするマニアックなものまで広く浅い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-3DS
-

Copyright© ピーチェ , 2017 All Rights Reserved.