フード&グッズ

ミニスーファミ記念インタビュー![スーパーメトロイド編]

投稿日:

ミニスーファミ記念スーパーメトロイド

ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン発売記念インタビューが公開!

これは任天堂公式がWeb公開しているもので、今回は第三回となる。 お題はスーパーメトロイドについて。『メトロイド』の生みの親で、シリーズにずっと関わり続けている坂本賀勇さんと、『メトロイド』サウンドを確立させた山本健誌さんが答えている。

制作のきっかけとなったのは坂本さんの上司の加納さんが『絶対やるべきや』坂本さんにアプローチしたことから。その後坂本サンはこのような体験をした。

(米国任天堂)本社があるシアトルに出張しまして、そのときに向こうのスタッフがショッピングモールに案内してくれたんですけど、お店に入るたびに、僕のことを紹介してくれたんですね。「この人が『メトロイド』をつくったんだよ」って(笑)。

(中略)

すると、みんながみんな『メトロイド』のことを知っていたんです。ゲームに馴染みがなさそうなブティックのお姉さんまでもが、派手なリアクションで「ワオ!」と驚いてくれて・・・。

via:「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発売記念インタビュー 第3回「スーパーメトロイド篇」

 

当時すでに海外では熱狂的なファンがいたことが伺える。この後、スタッフが『やらされているのではなく、いいものを作りたくて働き詰めに』なっていく壮絶な現場の様子が語られている。またスーパーメトロイドの、印象的で宇宙的な音楽を手がけた山本さんのコメントも味わい深い。

(厳しい毎日が続く中、)家に向かってバイクを走らせていると、いきなり・・・(目を大きく見開いて)「ああっ!」って(笑)。

記者・サウンドが降ってきたんですか?

そうなんです。そこで、近くの駐車場にバイクを駐めて、ヘルメットをバッと脱いで、レコーダーを取り出してから、頭に浮かんだメロディを録音したんです。10分か20分くらいかけて、大声で歌いながら・・・。

 

ヘンな人に見られたかも?といった笑いをさそいつつ、神がかったエピソードを披露した山本さん。他にもベビーメトロイドの可愛い声についてのこだわりなど、ファンにはたまらない逸話が語られている。

既にプレイをした人も、これからミニスーファミなどでプレイする人にも、おすすめの記事になっている。また、発売間もない『メトロイド サムスリターンズ』についての言及もある。チェックしてみてはいかがだろうか。

こちらもおすすめ!

 

※画像はイメージです。またキャプチャや動画等は各社の著作物です

記者FUGASHI
元編集者。今は隠遁者。実家の古書屋で気ままなゲーム暮らし。ゲームハードは一通り所持。好きなジャンルは鬼のようにライトなものから吐き気がするマニアックなものまで広く浅い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-フード&グッズ
-, ,

Copyright© ピーチェ , 2017 All Rights Reserved.