Switch

Nintendo Switch版『返校Detention』リリース決定。日本語版は?

投稿日:

返校 Detention スイッチ版が登場

台湾発のホラーゲーム『返校Detention』がスイッチに登場です!

台湾のゲーム企業、RedCandleGamesが『返校Detention』Switch版のリリースを正式発表しました。既にSteamでは日本語版もリリースされています。なお、当記事の下へいくと結構コワイ画像がありますので、苦手な方はご注意下さいね。

返校ってどんなゲーム?

返校 Detention スイッチ版が登場

1960年代の台湾が舞台。基本的には2D画面で、パズル要素を含むアドベンチャーホラーゲームです。操作は気になるところを画面タッチするだけの簡単なもの。内容はJホラー的な、静的な『ひたひたひた』とした異様な空気に包まれて行くような恐怖が演出されています。台湾では、小説化やTVドラマ化、映画化が決定するなどの社会現象を起こした大ヒット作なんですって。

あらすじ

返校 Detention スイッチ版が登場

舞台は現代っぽいけど少し奇妙な深い山の中にひっそりと建つ翠華高校。そこに学生(男女)二人が、取り残され閉じ込められていることに気がつきます。するとなんということでしょう、かつての学び舎は悪夢のような場所へと変貌し、冥府の存在が跋扈しています?! 脱出のために、今は謎めく存在となった学校を探索し、謎を解かなければならなくなり。。。

返校 Detention スイッチ版が登場返校 Detention スイッチ版が登場 返校 Detention スイッチ版が登場

いやっ、怖っ。スゴっ。何がスゴいって、グロとか、急に怪物が出て『ワーッ!』って驚かされる、そういう怖さじゃないところがイイ。『じめっ。。。』とした怖さ、禍々しさ、そんな表現が上手いゲームなんですね。台湾ならではの一膳飯、廟宇、神壇など、当時の宗教や風習が出てくるのですが、それがまた日本人的に理解できる仏教的なデザイン(線香や仏壇的な小物とか)なんです。。。が、決定的に何かが違う感じがして余計に奇妙です。これ、いい意味でいやな気分が盛り上がりますね!

返校 Detention スイッチ版が登場

返校 Detention スイッチ版が登場

返校 Detention スイッチ版が登場

紹介した画像はSteamや開発中のものを含みます。

スイッチ日本語版は?

残念ながらハッキリした日時は未定です。でも最近はスイッチでリリースされる海外ソフトの速度はかなり早いので、案外近日お知らせできるような気がします。首をなが〜くして待ちたいと思いマッス。なおSteamでは1180円とお求めやすい価格になってました。

2分ちょいの日本語PVを見て期待して待ちましょう〜♩

こちらもおすすめ!

※画像はイメージです。またキャプチャや動画等は各社の著作物です

記者MONAKA
作家志望。ライオンからタガメまで、動物&昆虫が大好き。本来は理系脳だが隠す。好きなゲームは赤い服の人、まんまるピンク。モンハン。ただいま家庭菜園に夢中。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Switch
-,

Copyright© ピーチェ , 2017 All Rights Reserved.